読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きな本と一杯のコーヒー

増えてしまった本の整理をかねて、好きな本・気になった本やものごとの感想を、コーヒーやお茶を飲みながらボチボチ書いています。

鉄道旅関口さんがスタジオパークに出るようです!

年末から関口くんヨーロッパ鉄道旅の放送が連日で驚いていますが、今度は関口くんがNHKの「スタジオパークからこんにちは」にゲスト出演するようです!

 
2月16日の午後放送のようですよ。
 

お便り募集中 関口知宏 |スタジオパークからこんにちは

 

今までの鉄道旅の裏話など、聞けるかもしれませんね。

録画してみないとな。。。楽しみです。

 

2月18日土曜日には、ヨーロッパ鉄道旅英国編2の放送もあるし、同じ日に英国編1の再放送もありますね。

 

放送予定|関口知宏のヨーロッパ鉄道の旅|NHK

 

今も、スウェーデン編に続きポルトガル編の日めくり旅も始まっていて、録画の許容量を超えそうです(苦笑)

 

どの国もヨーロッパなのに、国によって光の感じが違っていて、空の色とか景色の空気感もかなり違っていて、改めて驚きながら見ています。

季節が少し違うのもあるんでしょうが、国の雰囲気ってあるんですね。

電車も特徴がありますね。

 

英国編で終わりそうですが、もっとほかの国もやってくれるといいなと思います。

南米とかアジアとか。

 

英国編は寒い時期だから、見ているだけでも震える気がしそうです。

熱いコーヒーか熱い紅茶を用意してみようかと。

 

 

午後の紅茶 ザ・ドリップティー ダージリン ディンブラ 20P

午後の紅茶 ザ・ドリップティー ダージリン ディンブラ 20P

 

 

 

 

リプトン カモミールハーブ アルミ 50袋

リプトン カモミールハーブ アルミ 50袋

 

 

 

一汁一菜でよいという提案を読んで。 読書感想

一汁一菜という文字と、著者が土井善晴さんというギャップについつい手にとって読み出した本です。

 

 

 

一汁一菜でよいという提案

一汁一菜でよいという提案

 

 

 

 

有名な料理家さんですよね。
料理家さんが、一汁一菜って。。。
 
いいのかな?
 
もしや、料理の世界もシンプルライフか?
 
そんなことを思いながら読んだその内容は、ただのシンプルライフとかではなく、食べるという暮らしの原点について考えて、提案されている内容の本でした。
 
昔は当たり前に解っていた食べることの本質のことをこの本を読んで改めて思い出しました。
 
美味しい方がいいし…
食べたいものを食べたいし…
 
でも、食べるということは、命あるものの大切な命をいただくことで明日の命を繋いでいく、生き物の生きていくための宿命。
 
たから、美味しいとか不味いとかではなく、命を繋ぐために食べられることの有り難さを感謝しながら、いただきますと言っていただく習慣を、改めて思い出しました。
 
 
そんな食べることの本質について書かれています。
 
現代の忙しい毎日に、その食べることの本質を忘れず、どうすれば折り合いがついていくのか?
 
土井さんが、料理家として考え抜いたのが、<一汁一菜でよいという提案>なんだと思います。
多分、忙しかったら一汁一菜でもいいんじゃないかな。とか、料理が苦手なら一汁一菜くらいでもいいと思うよってことだと思いました。
 
具だくさんのお味噌汁も、お味噌と鰹節や煮干しの簡単けいたいお味噌汁など、早速やってみようかと。
 
読んでいるうちに、心が洗い流されていくような清々しい気持ちになります。
 
なぜだろう?
 
日本人で良かったなとも思いました。
お味噌汁、好きですから(笑)
 
この本には、コーヒーよりもやはりお味噌汁ですね。
読んでいると、お味噌汁が食べたくなります。
お味噌汁の写真も幾つか載っています。
 

 

 

 

マルコメ たっぷりお徳料亭の味 減塩 32食

マルコメ たっぷりお徳料亭の味 減塩 32食

 

 

 

 

こういうインスタントお味噌汁は時々お世話になってます。
世田谷食品のお味噌汁も美味しいらしいですよ。(隣のおばさん談)
私は食べたことないんですけどね(苦笑)
 

 

 

 

ひかり味噌 産地のみそ汁めぐり 40食

ひかり味噌 産地のみそ汁めぐり 40食

 

 

 

 

 
お味噌汁で産地巡り。。気になりますね。
 
まずは、お弁当にけいたいお味噌汁をつけてみようかなと。
 

文明の衝突と21世紀の日本を再読して。読書感想

久しぶりの読書感想です。
 

アメリカの大統領が変わってから、なにかと騒動が絶えないよう様に見えますね。

 
なんでこうなっちゃてるんだろ~?
 
そう思っている人は、かなりたくさんいるのではないでしょうか。
私もその一人です。
 
オバマ政権からの変貌が極端過ぎて、ついていけない感じです。
 
あのアメリカがこれでいいのだろうか?
 
釈然としない思いで、日々のニュースを見ています。
 
そんな中で、ふと思い浮かんだ本が<文明の衝突>を書いたハンチントン教授の続編<文明の衝突と21世紀の日本>という本です。

 

 

 

文明の衝突と21世紀の日本 (集英社新書)

文明の衝突と21世紀の日本 (集英社新書)

  • 作者: サミュエル・P.ハンチントン,Samuel P. Huntington,鈴木主税
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2000/01/18
  • メディア: 新書
  • 購入: 14人 クリック: 82回
  • この商品を含むブログ (57件) を見る
 

 

 

 

 

 

 

 

文明の衝突

文明の衝突

  • 作者: サミュエル・P.ハンチントン,Samuel P. Huntington,鈴木主税
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1998/06/26
  • メディア: 単行本
  • 購入: 17人 クリック: 915回
  • この商品を含むブログ (87件) を見る
 

 

 

 

過去に未来を見る!
 
少し前に書かれたこの本に、今のアメリカの様子が書いてあるではないですか!
ギョエ。。ビックリです。
 
※文明の衝突は1993年に発表された理論です。ベストセラーになってたと思います。
 
アメリカのみでなく、世界のパワーバランスの変容と、今とこれからの世界の様相…なっていくであろう今後の有り様が予見されています。
サミュエル・ハンチントン教授の分析のスゴさに感嘆します。
 
その文明の衝突の後継版で、さらに21世紀の日本の選択についての考え方も書かれている、変換期の今こそ読んでおきたい一冊です。
 
なぜアメリカが保護主義的になってきているのか?
冷戦後の地域紛争が増えているのはなぜか?
イスラムの過激派組織が出てくるのはなぜか?
これからの世界はどうなっていくのか?
日本の立ち位置とは?
 
ひとつの可能性として知っておくための、一読の価値がある本だと思います。
 
今はなきハンチントン教授が、ホワイトハウスで、ある政権の外交や安全保障の政策立案に携わっていたということも大きな意味を持っているのではと思います。
 
ハンチントン教授が今の世界を見て、これからの世界をどう分析されるのかを知ることができないのが残念ですね。
 
てきれば、解題として、あとがきを書かれている中西輝政教授に、今とこれからの世界観を是非とも本に書いていただきたいです。
 
こういう本を読む時には、コーヒーにチョコレートをつけたいです。
甘いものを食べて、ひといきつきながら読みました。

 

 

 

ロイズバーチョコレート[3種詰合せ]

ロイズバーチョコレート[3種詰合せ]

 

 

 

 

友達にいただいて、美味しい!
ボリュームがあって、幸せなバーチョコです。
 
 
 
 
 
 
 

河津桜が咲きました。 日常

まだまだ空気や風が冷たい毎日ですが、そんな日常に春の気配がちらほらと…。

 
もらった河津桜の苗に桜が咲いていました!

f:id:yossan0328:20170208194821j:image
近くの河津桜も、けっこう花が咲いてます。
 
梅は遅咲きになっているのか?今頃に満開状態です。
お陰で、良い香りに春気分を味わっています。

f:id:yossan0328:20170208195046j:image
梅の香りがすると、お雛様が思い浮かぶのは季節のならいでしょうか。
いよいよ春めいてくるなと、気持ちが華やぎますね。
 
毎日の日照時間も、少しづつ長くなっているのも嬉しいです。
愛犬の散歩タイムも、明るく暖かい時間が増えて助かります。
 
これから、だんだんと、春の話題が増えてきますね。
コーヒー好きにとっては、スターバックスの桜のキャンペーンがちょいと気になっています。。。。といっても、コーヒーよりもボトルやカードなどのツールに目がいきます。
桜の柄が可愛くて、今年こそはと!
毎年、買いそびれてますので(苦笑)
 
今年は2月15日スタート!だそうです。
コーヒー豆も桜バージョンがあるみたいで、こちらも楽しみです🎵
その前に、カシシエロを飲んでみなくては。。。!
 
飲んだ感想は、おいおいで。
 

川根温泉でまったり、マネマネ旅。

日頃の疲れを癒しに、関口リュックとともに川根温泉に行って来ました。

川根温泉は、静岡県中央部、大井川中流の川沿いにある道の駅と一緒になった温泉で、湯量が豊富な所です。
SLが見える温泉としても有名ですよ。


家族が気に入っていて時々来ているので、私も久しぶりに温泉に浸かって来ました。

f:id:yossan0328:20170201135844j:image
途中の道!
せっかく行ったのでリュックとSLのコラボ写真を撮ろうと、温泉に2回入るのをあきらめ早めにお昼をすませて、準備も万全!
 
川根温泉施設の館内で食べたのは。。。

スタミナ丼¥730
私には多かったけど、がっつり完食いたしました。
スタミナ、付いた感じ(笑)
美味しく頂きました。
お茶が、ホントに美味しいです!

試し撮りをしながら、12時30分ごろ傍を通過するSLを待っていました。
 
‥‥が、風が強くて寒いではないですか!

 こんなふうに、川の傍で風が吹き抜けていきます。
温泉で温まっていたからいいようなものを。。。(苦笑)
 
待つこと‥15分くらい、音は聞こえど姿は見えず。。。
煙は見えども、SLは見えず。。。
 
さ・さむい!
風がつよすぎるぅ。。。
 
早く来てくれぃ(言葉は悪いですがそんな思いで待っていました)

 きた~っ!!

やっときたぁ♪

逆光でスマホの画面も良く見えない状態で取ってみましたが、取り終えて顔を上げるとSLの姿かたちはあとかたも無く。。。

ちゃんと取れているんだろうか??

 

一応、写真は撮れていて良かったです。(ベストショットでは無かったけどね。。)

ただ、SLが通過する間ずっとスマホ画面を見ていたため、実物をほぼ見ていません。

更に、スマホ画面が逆光でほとんど見えず、その状態でもSLを見ていません。

こんなにいいポジションでSLが見えたのに、見ていない感1000%!

いい写真が撮れたのに、SL見られなかったストレス、MAXです(泣)

 

なんじゃそれ!。。。ですね(苦笑)

 

とりあえず、SLと関口リュックのコラボ写真が撮れたので良しとしますか。

くまのタリーズくんは、ちら見くらいは出来たでしょう(横向きですがネ)

SL通過後の、くまのタリーズくん(風よけでフードかぶってます)

なんだか、もやもやする状態で帰途につきました。

温泉は、風が強くても湯冷めしない感じで良かったです。

次回は、機関車トーマス号が走っている時期にでも行ってみようかな(笑)

 

お供のコーヒーは、ミニストップのホットアメリカンでした!

 

クロアチアからスウェーデン!鉄道旅は続く。

関口くんヨーロッパ鉄道旅の日めくり旅は、クロアチア編が終わりスウェーデン編になりましたね。

イタリアがじっくり旅だったことを思えば、スウェーデン10日間の鉄道旅は、かなりハードな異動だったのではと思います。
だからこそ、10日間で季節が変わっていくさまを見られるダイナミックさも楽しみです。
 
クロアチアの旅を見て感じたことは、美しい景色とは対照的な紛争の傷跡の生々しさに、素直に楽しくは見ることのできない切なさ。
風景があまりにきれいだからこそ、余計に切なかったです。
多民族国家の複雑さや難しさ、多様性を少しだけ垣間見られました。
 
北欧の国、スウェーデンではどうでしょうね。
旅の内容とともに、関口くん(関口さんと記していましたが、アラフィフ50代にはずいぶんと年下くんなので、勝手に関口くんと呼ばせて頂きます)(笑)の着用しているキツネマークの白っぽいジップニットが気になっています。
キツネマークがカワイイのよね!
フェールラーベンっていうブランドみたいです。
 
 

フェールラーベン | FJALL RAVEN | 日本公式webサイト

日本ではバッグが有名なんでしょうか?

検索するとバッグが出てきますね。

 

スウェーデンは首都名は知っていても、他の場所の事は意外と何にも知らないんだな。。。と鉄道旅行程の地名も新鮮です。
北極圏!という言葉に、勝手にロマンを感じています。
さむそーなんですが(苦笑)
 
せっかくの、連続放送。
楽しみたいですね。
 
今回は、熱いアップルティーを飲みながら&ホットコーヒーも!

クロアチアの日めくり旅も8日目。

今日はお休みです。

久しぶりに、関口さんのヨーロッパ鉄道旅・クロアチア編の15分日めくり旅を見ました。
熱いコーヒーを飲みながら。。。
ゆっくりと楽みながら。。。
 
美しい絵画を見ているような車窓の景色の町や村にも、私がすごしている日常と変わらない日常を、すごしている人々の暮らしが営まれているんですね。
 
当たり前のことだけど、意外と忘れているそういうことが、この鉄道旅では見られるのがいいなと思います。
関口さんの淡々とした感じも、いい味出してますね。
寝癖も健在!
普通感満載で、気楽に見られます。(笑)
国は違えど、地方の過疎化は同じみたいですね。
どの場所もその現実を受け止めて、
年配者は元気に現役で頑張り。。。
少数精鋭の若者も頑張り。。。
 
無添加のチェリージュースを作っている青年家族の生い立ちには、クロアチアやユーゴ社会主義時代の歴史のなかで、そこに住んでいる人たちがどんなであったか…が、チラリと垣間見れたような気がしました。
 
ジュースが売れるといいなと思いながらも、コーヒーでほっこりしながら見てましたが(苦笑)
 
ほっこりコーヒーは、<MAXIM・ちょっと贅沢な珈琲店エキストラブレンド>

f:id:yossan0328:20170125111132j:image
こんな感じで。
 
エクストラブレンドがAmazonになかったので、スペシャルブレンドやモカブレンドを。
これ、意外と好きです(笑)
ゴールドブレンドの次にいいですね。
 
コーヒーで最近気になっているのが、スタバの高いコーヒー豆のものです。
<グアテマラ・カシシエロ>
 
飲んだことないんですが、豆の香りがいい香りでした。
近いうちに飲んでみますね。