読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きな本と一杯のコーヒー

増えてしまった本の整理をかねて、好きな本・気になった本やものごとの感想を、コーヒーやお茶を飲みながらボチボチ書いています。

頭は「本の読み方」で磨かれるを読んで。 読書感想

脳科学者の茂木健一郎さんが、本の読み方について書いている本があります。 茂木さんの人柄が感じられる語り口調の文章で綴られています。 頭は「本の読み方」で磨かれる: 見えてくるものが変わる70冊 (単行本) 作者: 茂木健一郎 出版社/メーカー: 三笠書房 …

アルケミストを久しぶりに読んで。 読書感想

冒険という言葉から連想するのは、砂漠を渡るらくだとか、大海原に漕ぎ出す帆船、ジャングルを走り抜けていくジープ、エジプトや南米、アフリカなど……まだ、行ったこともない未開の地に行くという感覚があります。 ただ、これだけ情報が発達した今の時代、グ…

立体切り絵を見て、挑戦してみました。

本を探しに本屋さんへ行ったときに、偶然見かけた立体切り絵の本。 表紙の黒い柄の鶴に、けっこう驚きました。 鶴が黒って……いいのかな? という、ちょっとギョッとした感じと、どうやって作ってるんだろう?‼と、引き込まれて買ってしまいました。(苦笑) 中…

白洲正子 私の骨董!を眺めて。 写真集感想

ときどき眺めるだけで、幸せな気分になる写真集があります。 「白洲正子 私の骨董」という、ずっしりと重い写真集です。 白洲正子私の骨董 作者: 白洲正子 出版社/メーカー: 求竜堂 発売日: 1995/05 メディア: 大型本 この商品を含むブログを見る 表紙の写真…

腹立たしいことがあった時は、畦地梅太郎の作品集を見るといやされる!

畦地梅太郎(あぜち うめたろう)という版画家をご存知でしょうか? 本屋さんの平置きコーナーでこの表紙を見て、畦地さんを知りました。 山の版画家畦地梅太郎―生あるものすべてに愛の眼差しを注ぎ、詩情ゆたかな「山男」を描く。 (別冊太陽) 作者: 畦地梅太…

愛犬は柴犬。柴犬さんのツボは面白い!

うちで飼っている愛犬は柴犬です。 柴犬3代目の女の子‥マイペースでまったりするのが好きで、ときどき激しいです。 犬を実際に飼っていて毎日振り回されている感はありますが、苦手意識とかは無いので 私の本棚には、犬関係の本は2~3冊くらいしかありません…

伊藤若冲アナザーワールドを久しぶりに見る

今、東京都美術館で「生誕300年記念 若冲展」(2016年4月22日~5月24日)をやっていますね。 行きたいなぁ。。 しかし行けない。。 夕方のニュースでその様子が映し出されていました。 物凄い人、人、人‥‥‥すごい人気ですね。 わかります、その気持ち! 本当に…