読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きな本と一杯のコーヒー

増えてしまった本の整理をかねて、好きな本・気になった本やものごとの感想を、コーヒーやお茶を飲みながらボチボチ書いています。

読書感想 小説・随筆・雑誌

そして生活はつづくを読んで思ったこと。読書感想

星野源さんのエッセイを読んでみました。 久しぶりに行った本屋さんの、目立つ所に鎮座。。。時の人なんですね。 そして生活はつづく (文春文庫) 作者: 星野源 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2013/01/04 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 16回 この…

久しぶりにan・anを見て。 読書感想

久しぶりにファッション誌アンアンを見て思ったことを書いています。

吉本ばななのSLYを読んで。 読書感想

雨の日に読みたくなる、吉本ばななさんの本「SLY」を読んだ感想です。

マチネの終わりにを読んで。 読書感想

大人の恋愛小説「マチネの終わりに」を読んでの感想 数ヶ月前に、吉本ばななさんのエッセイとともに購入し、小説という最近ハードルの高さを感じている種類ゆえに、そのままになっていた「マチネの終わりに」をやっと読み終えました。ほぼほぼですが。 気軽…

付録付ムック本つい欲しくなりGLOW11月号を買って思った事。

GLOW11月号付録の感想を書いています。

キョンキョンの特集「MEKURU」を見て。読書感想

小泉今日子さんの特集雑誌「MEKURU」を見ての感想を書いたページです。

吉本ばななのイヤシノウタを読んで

せっかく新宿に行ったので、紀伊国屋書店にも寄ってみました。 伊勢丹に行く途中だったのでついでに寄ったら、やっぱり読みたい本が目に入ってきました。 吉本ばななさんの<イヤシノウタ>と、私には珍しい小説、平野啓一郎さんの<マチネの終わりに> の2冊に…

コーヒーが冷めないうちに第4話 読書感想

第1話からゆっくり読んできたこの本も、第4話です。 第4話は親子の話。 <俳句ではヒグラシは…>で始まる冒頭に、ゆっくりとこの本の世界に引き込まれていきます。 ヒグラシでこられるとは…。 出鼻をつかまれた気分になります。 (出鼻はくじかれる…に使われ…

銀の匙・ぎんのさじ 読書途中の感想

昨日<奇跡の教室>の読書感想を書きましたので、今日はそのもとになる<銀の匙(ぎんのさじ)>について‥‥書きたかったのですが、実はまだ読み始めた所でまだ前篇の10までです。 ちょっとずつ読んでいこうかな、などと悠長に構えていましたが、つい昨日その良…

コーヒーが冷めないうちに 読書感想その2

この本には、ある喫茶店が舞台の4つの物語が書いてあります。 今日はその中の第3話を読んでみました。 コーヒーが冷めないうちに 作者: 川口俊和 出版社/メーカー: サンマーク出版 発売日: 2015/12/07 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブロ…

ブラック・コーヒー「小説版」 を読んで

アガサ・クリスティの小説版ブラックコーヒーを読みました。 この小説版はクリスティ研究家が、戯曲版から小説化したものだそうです。 戯曲版は脚本のようなものだと思いますので(詳しくないので?)、私には小説版が読みやすかったです。 ブラック・コーヒー…

そして、自分への旅 読書感想

何気なく手に取ったこの本の冒頭は、 この世の中で、一番不思議に思えるのは<自分>ではないでしょうか。 …で、はじまります。 自分の事は良くわかっているようでわからない!そのどちらとも正しいように思えます。 本を読んだり、映画を見たりするのは自分の…

触れもせで 感想

私の最初の本棚は、三段のカラーボックスでした。 以来何度も本を整理したり、本棚が変わったりしながら、それでもずっと残っている本が何冊かあります。 カバーもなくなり色あせたこの本は、そのうちの一冊です。 久世光彦さんの書いた、向田邦子さんとの20…

そして文明は歩む 感想

風邪を引いて寝込んでいました。 こんなとき大概の本は、読んでも中々頭のなかに入ってこないものです。 普段から興味を持って買った本でも、 気力がないと関心さえ無くなっちゃうんだと改めて感じましたね。 そう言えば気力がなかったり、元気のないときに…

コーヒーが冷めないうちに 感想

コーヒーが冷めないうちに 作者: 川口俊和 出版社/メーカー: サンマーク出版 発売日: 2015/12/07 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 表紙のイラストにつられて購入しました。 コーヒー好きの心をくすぐる、ちょっとレトロでまっ…