読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きな本と一杯のコーヒー

増えてしまった本の整理をかねて、好きな本・気になった本やものごとの感想を、コーヒーやお茶を飲みながらボチボチ書いています。

イギリスの住まいとガーデンを久しぶりに読んで!

読書感想 シンプルライフ 暮らし 

井形慶子さんの本をよく読んでいた頃に、本屋さんで見つけた1冊です。

井形さんの本かなと思ったら、川井さんという建築士の方が、家族でイギリス住宅の勉強で留学した時の、イギリス住宅もろもろの話が載っています。

 

イギリスの住まいとガーデン―暮らしを楽しむエッセンス

イギリスの住まいとガーデン―暮らしを楽しむエッセンス

 

 

2003年の本なのでだいぶ前の発行ですが、イギリスの暮らしの本質は、きっとそんなに変わってないのではないかと思います。

イギリスの近代住宅の変遷が、よくわかります。

 

なにより建築士の方なので、写真とともに掲載されている家の見取り図が、本当に素敵です。(わかりやすい)

 ↑「イギリスの住まいとガーデン」の140ページ~141ページ

 

私自身、家の見取り図とかパースを見るのが好きなので、この本の140ページから146ページに掲載されている見取り図と写真は、何度も見返してはイギリスの暮らしを想像しながら、実際には見たことのないイギリスの家に想いをはせています。

ノッティングヒルの恋人」という映画で、ヒューグラントがちょっと癖のある同居人と住んでいたのが、この本でいうところの<テラスハウス>だな‥‥とか。

 

ノッティングヒルの恋人 [DVD]

ノッティングヒルの恋人 [DVD]

 

 

 住居関係の本を読むと、国や民族・住む地方によってずいぶん違い、人々の暮らしのバリエーションの豊かさを改めて感じます。

シンプルに暮らしたいな‥と、つねづね思っていますが、この本を見ると暮らしていく場所そのものの大切さや、暮らしの本質の大切さが伝わり、そういったことを見過ごさないように気をつけようと思います。

 

ちなみに、この記事のイギリスは英国(UK)ということになります。

 

イギリスの呼び名の件は、この記事にも載っています。

 

yossan0328.hatenablog.com

 

イギリスの住まいの記事には、紅茶ですね。

アフタヌーンティーがいいでしょうか‥しかし、今は夜!

今夜はちょっと涼しいので、香りも楽しめる紅茶にします。

 

 ブルーベリー&ラズベリーティーを。

よい香りです。

ほんのり香るくらいがちょうどよいかも。

昼間なら、フロントガーデンより、バックヤードの小さなスペースで飲んでもまったり出来そう‥‥と、イメージは膨らみます。笑