読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きな本と一杯のコーヒー

増えてしまった本の整理をかねて、好きな本・気になった本やものごとの感想を、コーヒーやお茶を飲みながらボチボチ書いています。

鉄道旅オーストリア&チェコ編見ました。

年末の鉄道旅放送はたくさんありましたね。
掃除や片付けで、ゆっくり見る暇も無かったので、録画しておいて正解でした!
後でゆっくり楽しめました。

オーストリア&チェコでの関口さんはずいぶん若く見えましたね。
そこかい!…っていわれそうですが(苦笑)
髪型だけでなく、旅での様子がイタリア編辺りより新鮮な感じに見えました。

イタリア編は、お国柄もあるでしょうが、旅なれてリラックスしているように感じました。
オーストリアもチェコも、中々いく機会のないちょっと遠く感じる国ですが、見ていてものどかでヨーロッパらしさが感じられました。特にウィーンやプラハは、やはり歴史の重みを感じる街並み!
建物も、雰囲気に圧倒されそうなたたずまい、中世のヨーロッパとか、童話の世界に紛れ込んだような錯覚でもおこしそうですね。

そんな街並みが、関口さんが飄々と歩いていると、気軽に訪れられそうに錯覚してしまいます。
ヨーロッパの国々も特別な所ではなく、自分が住んでいるところと同じで、毎日の暮らしが繰り返されている生活の場であることが、淡々と伝わってきます。
身近に感じられるのは、そんなことからかもしれませんね。

それにしても、相変わらず関口リュックの存在感は健在です。
ひそかに、このヨーロッパ鉄道旅のもうひとつの影の主役ではないかとさえ思ってしまいます。(苦笑)
(私だけかな?)
てんとう虫の背中のような、愛嬌のある形が
斬新なのにいい味出してます。

今日放送される<ポルトガル編>も楽しみです。益々、関口さんと一体化するくらい使い込まれてきて、馴染んできていそうです。

もちろん、ほとんど知識のないポルトガルという国の鉄道旅も、とんなものかとワクワクしています!

今日はリアルタイムで、たっぷりのホットココアか熱いコーヒーを用意して楽しみたいと思います。

おっと、今年は読書にも励まなねば…。