読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きな本と一杯のコーヒー

増えてしまった本の整理をかねて、好きな本・気になった本やものごとの感想を、コーヒーやお茶を飲みながらボチボチ書いています。

一汁一菜でよいという提案を読んで。 読書感想

読書感想 食べ物の本 日常

一汁一菜という文字と、著者が土井善晴さんというギャップについつい手にとって読み出した本です。

 

 

 

一汁一菜でよいという提案

一汁一菜でよいという提案

 

 

 

 

有名な料理家さんですよね。
料理家さんが、一汁一菜って。。。
 
いいのかな?
 
もしや、料理の世界もシンプルライフか?
 
そんなことを思いながら読んだその内容は、ただのシンプルライフとかではなく、食べるという暮らしの原点について考えて、提案されている内容の本でした。
 
昔は当たり前に解っていた食べることの本質のことをこの本を読んで改めて思い出しました。
 
美味しい方がいいし…
食べたいものを食べたいし…
 
でも、食べるということは、命あるものの大切な命をいただくことで明日の命を繋いでいく、生き物の生きていくための宿命。
 
たから、美味しいとか不味いとかではなく、命を繋ぐために食べられることの有り難さを感謝しながら、いただきますと言っていただく習慣を、改めて思い出しました。
 
 
そんな食べることの本質について書かれています。
 
現代の忙しい毎日に、その食べることの本質を忘れず、どうすれば折り合いがついていくのか?
 
土井さんが、料理家として考え抜いたのが、<一汁一菜でよいという提案>なんだと思います。
多分、忙しかったら一汁一菜でもいいんじゃないかな。とか、料理が苦手なら一汁一菜くらいでもいいと思うよってことだと思いました。
 
具だくさんのお味噌汁も、お味噌と鰹節や煮干しの簡単けいたいお味噌汁など、早速やってみようかと。
 
読んでいるうちに、心が洗い流されていくような清々しい気持ちになります。
 
なぜだろう?
 
日本人で良かったなとも思いました。
お味噌汁、好きですから(笑)
 
この本には、コーヒーよりもやはりお味噌汁ですね。
読んでいると、お味噌汁が食べたくなります。
お味噌汁の写真も幾つか載っています。
 

 

 

 

マルコメ たっぷりお徳料亭の味 減塩 32食

マルコメ たっぷりお徳料亭の味 減塩 32食

 

 

 

 

こういうインスタントお味噌汁は時々お世話になってます。
世田谷食品のお味噌汁も美味しいらしいですよ。(隣のおばさん談)
私は食べたことないんですけどね(苦笑)
 

 

 

 

ひかり味噌 産地のみそ汁めぐり 40食

ひかり味噌 産地のみそ汁めぐり 40食

 

 

 

 

 
お味噌汁で産地巡り。。気になりますね。
 
まずは、お弁当にけいたいお味噌汁をつけてみようかなと。