読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きな本と一杯のコーヒー

増えてしまった本の整理をかねて、好きな本・気になった本やものごとの感想を、コーヒーやお茶を飲みながらボチボチ書いています。

今日も、人生という旅の途中。 日常


f:id:yossan0328:20170314171909j:image

久しぶりに、積み上げられた本の整理をしようと格闘中です。

 
それにしても、よくこれだけ沢山の本があるもんだねと自分ながらに呆れています。

f:id:yossan0328:20170314171940j:image

f:id:yossan0328:20170314172008j:image
 
本好きの人は大抵そうでしょうが、本の選別をしだすと、手にした本をついつい読みはじめてしまい、選別が全く進まなくなります(苦笑)
 
なぜだろ~?
 
あっ、この本ここにあったんだ!なんて…
 
やっぱり本が。。
読書が。。
好きなんでしょうね(苦笑)
 
選べないし、整理にならない!
 
今日もご多分に漏れず、ちょこちょこ読みかじっては、手も動きもフリーズ状態です。
 
幸せな困ったちゃん時間です。
 
そんな風に、沢山の本のタイトルを見ていると、持っている本に<旅>という文字が多いことに気づきました。
 
もともと旅好きではありますが、実際の旅ではなく、暮らしの旅とか、読書の旅とか、文明の旅とか。。。
 
特にこの本を読み込んでしまい。。(苦笑)

 

 

 

暮らしを旅する

暮らしを旅する

 

 

 

 

 
そんな本たちを、久しぶりにチラチラと読みかじって思ったことは、
毎日のこの日常が、人生という旅をしているんだということ。
 
そんなことは、いろんな本にかいてあるでしょ!って言われれば、その通りなんですけどね(苦笑)
 
なんだか、
改めて、
しみじみと、
 
私たちは人生というひとつの旅をしているんだなと、思い知らされた気分です。
 
だから、今日の日という今この時は、人生という旅の途中。
 
片付かない本の整理をしながら、、私という<人生の旅>に想いを馳せる、そんな一日になりました。
 
桜の季節は、節目の季節だからか、そんなことをつらつらと。
 
本が片付かないという、人生の旅の一日なのか?
せめて、本が整理されていくという旅の一日にしたいところです。
 
自分の人生の旅に、真摯に向き合い、想いを馳せる…そういう時間こそが、本当は読書の行き着く答えなのかもしれませんね。
 
本の整理をすると、そんな苦々しくも極上の時間が訪れるかもしれませんよ(笑)
 
おっと!
コーヒーを用意するのを忘れていました…
こういうときは、熱いコーヒーを一杯飲みたいものです。
 
。。。が、コーヒーがあるとより進まなくなるのは目に見えているので、暫しガマンか。
 
う~ん
 
よし、
 
やっぱり、飲もう!
 
コーヒーの誘惑には勝てないアラフィフ50代でした。