読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きな本と一杯のコーヒー

増えてしまった本の整理をかねて、好きな本・気になった本やものごとの感想を、コーヒーやお茶を飲みながらボチボチ書いています。

アルゼンチンの落日というタイトルに惹かれて。。ブログのご紹介

 

だいぶ前に、ひょんな事で見かけたブログが、少し前からはてなブログに引っ越されたようで、ちょっと懐かしい気分です。

keepmyword.hatenablog.com

 

 

5年近く経つんですね‥そのブログを見かけてから。。ビックリです!

その時の記事が、こちらです。

 

keepmyword.hatenablog.com

「アルゼンチンの落日‥」という記事のタイトルに、妙にひかれ読み始めてたブログは『ONE`S WORDーKeep My Word』というサイトでした。

 

確か、よしもとばななさん(また出ました。好きなんですね意外と。苦笑)の「不倫と南米」を読んだ後か何かで、アルゼンチンという言葉と、落日という言葉のイメージに引き込まれたんだと思います。(けっこう単純だな、私)

 

内容は、実にまじめな、アルゼンチンの政治と経済・労働組合などの話でしたが、ちょうどアルゼンチンがデフォルトしそうだとかなんとか言われていたころではなかったかと。。?!だから、気になったのかも?

「へぇ~、そうなんだぁ。。」と、素直に驚きながら読んだことを記憶しています。

(‥というか、思い出しました〉

 

松岡さんという、その時はアルゼンチンに住まわれていたようで、住んで見ての色々な驚きや違い、まぁそんな所がいいのかも‥といったような中々体験できないお話や、色々な国を旅している感想や、ネットで英会話を教える仕事の会社をされている事や、確かそんな感じのワールドワイドな内容のブログだったと思います。

(今もそうですよね。。すみません!)

 

その『ONE`S WORDーKeep My Word』とブログタイトルをはてなで見かけまして、

「あれ? なんか、見たことある気が。。?」

「‥‥‥あーっ!! アルゼンチンの人だぁ!」

(いや、日本人なんですけどね。。)

 

と、そんな訳で、とても色々な記事を書かれている、読み応えのあるブログだと思いますので、こちらで紹介してみました。

  Keep My Word

 

 

この本はそのブログとは関係ないんですが、

せっかくなんで、吉本ばななさんの先程の本もご紹介しておきます。

 

不倫と南米―世界の旅〈3〉 (幻冬舎文庫)

不倫と南米―世界の旅〈3〉 (幻冬舎文庫)

 

 

ブエノスアイレスって、なぜか哀愁を感じる地名ですね。

なぜだろう。。?

なにか、こう、あきらめちゃっているような。。

達観しちゃっているような。。けだるさ(けなるさ?)を感じます。

私だけかも。。。

 

タンゴかぁ。。。。

 

タンゴつながりでどうでしょう?

この本とブログ。。。なんてね。

 

 

 

 

インターネットの次に来るもの・第3章を読んで。 読書感想

ー私たちはすでにその流れの中にいるー

と、前回の第2章の感想で書きましたが、第3章<フローイング>はタイトルの通り、その流れがどういったものかについて書かれています。
だいぶ遅くなりましたが、第3章の感想です。

  

 

〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則

〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則

 

 

 

 

インターネットが普及し、進化し続けていく世界という流れ!
私も、私の周りにいる人たちも、このブログを読んでくれている方も、今を生きている皆がその流れの世界にいるのだと思いました。
 

第3章FLOWINGを読んで

「インターネットは世界最大のコピーマシンだ」
(インターネットの次に来るもの・ケヴィン・ケリー著より引用)
 
という文章ではじまる第三章FLOWING(フローイング)は、今まで同様にたいへん濃い内容が書かれています。
 
感想をどうまとめていいのか、正直わかりません。。濃すぎるぞ、おいおい。
(私にだけかもしれませんがネ。。苦笑)
 
「デジタル経済はこうした自由に流れるコピーの川の上を動いている」
「見境なく行われるこの大量のコピーを止める方法はない」
  (インターネットの次に来るもの・ケヴィン・ケリー著より引用)
 
読み進めていくうちに、なんだか心がざわざわしてきます。
 ただ、第1章ビカミング(なっていく)・第2章コグニファイング(認知化された…)の内容に比べると、もう少し言葉も身近に感じられるものです。
 
このフローイング(流れていく)の変化が始めに起こる業態は、音楽業界だとなっていて、確かにそれは、すでに現状起こっているただ中にいるからかもしれません。
 
CDが売れなくなっているとか、
著作権の問題とか、
ネット上でどんどん公開されている無料のツールやアプリが怒涛のように増えていることとか。。。
 
別々の事のようで、大体が大きなその流れの中で起こっていること!
という事なんでしょうね。
 
私はまだ使っていませんが、<spotify>などのストリーミング機能を持ったアプリなどが、今の主要なものになっているという事自体が必然なんでしょう。
 
そして、そういったことは、音楽業界だけでなくほとんどの業態にだんだんと起こっていくようです。
 
その流れは、避けては通れないという事なんですね。
 
最初のころはワクワク感で読んでいましたが、だんだんとなんだかちょっと恐ろしいような気持ちさえしてきます。
‥が、すでにその流れの中にいるわけです。
 
これは、読む人にとって、それぞれの日常や仕事などにリンクしてくる部分があると思いますので、読んで見ることをおススメいたします。
 
まだまだ第3章なんですが、この先どうなっていくのやら。。。
 
早めに読み進めたほうがよいのに、中々進まないこの本。。。
 
この本、おそるべし!
 
 
この本を読むときは、ちょっと濃い目のコーヒーと甘い何かが必需品です。
アーモンドチョコ辺りがいいですね。

 

キーコーヒー インスタントコーヒー スペシャルブレンド 90g×2個

キーコーヒー インスタントコーヒー スペシャルブレンド 90g×2個

 

 

第4章は、またおいおいで。。。
 
 

関口さん鉄道旅・中国大紀行のリュックは?

10年前の鉄道旅・中国編とはいえ、見ているとやはり気になるのは<リュック>です。

チラチラと見てしまいます。
ヨーロッパ編の関口リュックこと、コートエシエルのイザールリュックに比べると、割と良く見るような形のリュックですね。
色目が関口さんに似合っていて、いい感じです。
よく見ると、<AIGLE>とロゴが入っています。
10年前のだから、中々今は同じものはないでしょうが、そのリュックの進化したタイプは出ているかもしれませんね?
 
そこで、またしてもググって見ましたよ!
 
「AIGLE/エーグル」の公式ページ
同じではないですが、色目が似ていて、もしかしたら進化したタイプなのかも。。?
という物を見つけました。
 
ボーフォール28というタイプのマスタードカラー

エーグル - バッグ・小物 - ボーフォール28 - 5N65870 - 公式通販サイト - AIGLE(エーグル) オンラインショップ

 

アマゾンでは、小さめの、色が似たようなものが載っていました。

 

 色は似ていても、形はずいぶん違いますね。(苦笑)

 

色は違うけど、大きさが近いかも!?

 

[エーグル] ボーフォール28 BEAUFORT 8508-65870 4 ネイビー
 

 長期旅行だと、このくらい大きいほうがいいかもしれませんが、色はマスタードのほうが感じがいいかな。。。

このタイプのリュックはナイロン素材なので、軽そうに見えます。

20タイプのものは、700gってなっていましたので、28タイプも軽量かもしれませんね。(こちらは重さがわかりませんでした)

 

相変わらず、ついついリュックに目が行ってしまいますが、中国各地の様子もしっかり見ております。

 

関口さんも、頑張って中国語を使っていたんですね。

それだからかもしれませんが、

電車の中や、街々で出会う人々が、ちょっと照れくさそうに、でも人懐っこく話しかけてくれたり答えてくれていたりする場面が、圧倒的な景色以上に、心に残ります。

さらに、おいしそうな食べ物がよく出てくるのですが、それより目立っているのが、大きめなカップラーメン!(なぜに?)

カップラーメン。。。そんなに、みんなの電車のお供なのかぁ~。

やっぱり、軽くて、便利だし。。

国は違っても、みんな好きなんですね、カップラーメン(笑)

 

リュック以上に目立ってます!

 

なんか、お腹すいてきたな。。。

良いですね、カップラーメン!

食べたい!

でも、この時間かぁ‥‥

カップラーメンより、桂林の雄大な岩山の景色でも思い出しながら、グッとこらえよう(涙)

山々が夕日にぼんやりと絵画のようで綺麗でしたね。

 

カップラーメンは、そのうちに。。

やはり、カップヌードルか?

 

日清 カップヌードル 77g×20個

日清 カップヌードル 77g×20個

 

 

この鉄道旅中国大紀行の中でよく出てくる感じが大き目タイプで、こんな感じかな?

 

ごつ盛り コク豚骨ラーメン 115g×12個

ごつ盛り コク豚骨ラーメン 115g×12個

 

 これだと、ちょっと大き過ぎでしょうか?

鉄道旅が長旅だからでしょうか?

国も大きいし、電車も車両がかなり長く何車両も続いているし、駅のホームも大きい!

なんでも大きめなイメージです。

寝台車両などは、なんだか懐かしい感じです。

昔は日本にもありましたよね。

今もあるのかな? 

乗ったことがあるので、懐かしい~‼

 

世界遺産も見られて、その辺は満足です。

映画の「アバター」の舞台見たいな景色でした。

山が奇岩のような形の風景が多いんですね。

まだまだ旅ウォッチングは続きます。 

 

白いごはん。

最後に食べたい食事は?
というお題を見て思ったのは、やはり白いごはんに行き着くな!ということです。

ほかほかだと美味しいし、冷たくてもいいし、塩むすびなんかでもいいな。

そう、ようは、

<ごはんが好き>

なんです。

f:id:yossan0328:20170514120109j:image
どんな豪華なおかずも、お供は白いごはん。
大好きな焼きそばも…
アジのたたきにも…
お豆腐のお味噌汁にも…
ステーキにも…
コーンスープとも…(えっ?)
ラーメン定食にも食べちゃいます!

朝食も…
昼食も…
夕食にも…

白いごはんがないと。。

こはんがないと、泣けそうです。
(おいおい、なにもそこまで…(苦笑))

日本人だからか?
昭和生まれだからか?
山間部育ちだからか?

その辺は、何故かはわかりません。
子供の頃から食べている当たり前の食事だからかもしれませんね。
今はパン食の人が増えていると聞きますが、体に合っているからか…?

なにはともあれ、ご飯があれば大丈夫だと思っています。

玄米ごはんも、お赤飯も、五目ごはん
も好きですが、やはり白いごはん。
毎日食べても全く飽きません!

f:id:yossan0328:20170515005833j:image

f:id:yossan0328:20170514120132j:image
そんな事を書いていたら、お米を作ってくれている人たちに、感謝の気持ちでいっぱいになります。

もちろん、たまにはパンも食べますよ(笑)

ただ、毎日の食事の基本はいつも<白いごはん>です。

そんな毎日が、ありがたく、幸せなんだなと、ふつふつと思えてきました。

あ~、お腹がすいてきちゃったな!
ごはんにしましょうかねぇ。。



バイプレイヤーズというドラマがおもしろくてついつい見ています!

テレビ離れだと言われるようになって久しいです。
とくに、若者がテレビを見なくなった。。と!
そうなんですかね?
 
確かに、私は若者では無いですが、以前のように毎週ドラマを楽しみに何本も見るとか、しょっちゅう見る番組などはなくなっています。
ただ、私は50代だからか、それでもわりとテレビは見ています。
(年代は関係あるのかな??)

 

実は、夜中にやっている「バイプレイヤーズ」という番組!がおもしろくて、録画をして見られるときに見ています。
地方は今頃放送してるの!。。。なんて言われそうですが、再放送でも「ようこそ」と大歓迎したいくらいおもしろいドラマです。(ドラマなのかな?)
50代以上の名脇役6人が主役で、何とも妙におもしろいです。
だって、出ている人みんな本人の役って、初めて見ましたよ!
‥そういうのありなんですね。
遠藤憲一さん、大杉蓮さん、松重豊さん、田口トモロヲさん、光石研さん、寺島進さんの6人‼
このメンバー、確かにバイプレイヤーズですね。
渋めの俳優さんたちの、お茶目な所が盛りだくさんだし、色々な他の俳優さんとの別ドラマのパロディーなんかもあって、突っ込みどころ満載です。
 
ところで。。。 50代ってことは同世代?
えっ!
自分はもっと若いつもりでいました。。おいおいです。。
 
そ~かぁ。。このおじさんたちと同世代かぁ‥‥
まぁ、私もおばさんという事ですね。。ちょっとがっかりかも(苦笑)
 
やたらと、おもしろい感じの番組ですが、自分の年代に我に帰ったら、なんだか複雑な気分です。
まぁ、まぎれもない現実なので、良しとしましょう(なんのこっちゃ‥ですね)
 
 
オープニングのタイトルとタイトルバック、その感じが映画のレザボアドッグスのパロディーっぽいし…というか、かなり似てて、その上、意外にカッコいいです。
 
オープニングの曲もタイトルバックとあいまって、カッコいい。。。

 

ヒトリセカイ

ヒトリセカイ

  • 10-FEET
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

うまく言えないんですが、良いですよね。
 
そして、エンディング曲が竹原ピストルの曲。

 

Forever Young

Forever Young

  • 竹原ピストル
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

これも、何となく切ない感じが出ていて、渋くて良いです。
 
竹原ピストルさんは、住友生命1UPのCMで流れている曲も妙に耳に残ります。

 

よー、そこの若いの

よー、そこの若いの

  • 竹原ピストル
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

「バイプレイヤーズ」。。。

こういう番組を作れるのは、テレ東でしょうかね。
たいしたものです。
ますます頑張ってほしいなって、思ってしまいます。
 
それにしても、ちょっとおもしろいなと思う番組は、意外と深夜にやっていますね。
もうちょっと早い時間にやってもらえると、録画せず見られるのですが‥
深夜になる前に寝ている50代の感想でした。
 
コーヒーよりも、お茶と和菓子とか駄菓子を食べながら見るのもいいかも。。
 
 

へルマンヘッセのシッダールタの中の言葉。読書感想

ずいぶん前に読んだヘッセの<シッダールタ>という文庫本の中に、こんな言葉が書いてありました。

 
<知識は言葉で伝えるとこが出来るけれども、知恵は言葉では伝えることが出来ない>
 
悟りを得たシッダールタに弟子のアーナンダが、どうしたら悟りを得られるのか聞いたことに、シッダールタが答えた内容です。
 
今も、私の思考の土台になっている言葉です。

 

 

 

シッダールタ (新潮文庫)

シッダールタ (新潮文庫)

 

 

 

 

 
50代にもなると、読んだ本もそれなりに沢山になります。
自分の基準でそう思うだけなんで、実際に何冊読んだかは全くわかりませんすが…。
 
タイトルや内容を忘れてしまう本がほとんどな中でも、忘れられない文章や内容の本がいくつか、わずかですがあります。
 
その中の一冊がこの本です。
 
内容の大半は忘れて大まかにしか覚えていないんですが、冒頭の言葉だけは、頭の片隅にいつもあります。
ともすれば、知識に偏りすぎて頭でっかちになっている自分を、自分で戒めている言葉になっています。
 
「知識は言葉として伝えられるが、知恵は言葉にはできない。。。」
深い言葉だと思います。。
 
人生の中で、経験を積んでいくことやその中で気付くことでしか得られないもの。
その上、自分自身で感じ、気づくことでしか身につけることのできないもの。
 
日々過ごしている人生という暮らしの、毎日の重さを感じます。
 
大切な事にも、当たり前の事にも、出来るだけいつでも、気づける自分でいたいと思います。
 
 

ソフトバンクCM、ジャスティン・ビーバーの曲が気になる!

ジャスティン・ビーバーが沢山出てきて、踊っているCM、ちょっと目を引きます。

そのソフトバンクCMの曲は?

What Do You Mean?

What Do You Mean?

  • ジャスティン・ビーバー
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 「What Do You Mean?」という曲のようですね。

耳触りのよい曲です。

ジャスティンくん、ゴシップな話題が多いような感じで、ちゃんと曲を聞いたことがありませんでした。

ギターをかかえて歌っていたイメージのままで。。。

アラフィフ50代なので、お許しを(苦笑)

それにしても、ジャスティン・ビーバーの声っていい声ですね。

ブルーノ・マーズともちょっと似ているような‥。

ダンスもマネしやすそうで、良い運動になりそう。。アラフィフ50代の感想です。

 

Purpose

Purpose

 

 

 

ソフトバンクは、CMの作りがホントに上手いと思います。

 

最近はauの三太郎シリーズに押され気味感もありますが、ジャスティン・ビーバーを出してくるあたり。。。さすがです!

それも、ピコ太郎と出ていたり、青い学生服を着るとか。。発想がビックリです。

それで、ついつい見ちゃうんですね。

 

個人的には、au三太郎ファンです。

でも、ドコモ使ってます(苦笑)

なんじゃそれっ!ですね。。。

 

気になったので、載せてみました。

 

読書感想は、また、おいおいで。