読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きな本と一杯のコーヒー

増えてしまった本の整理をかねて、好きな本・気になった本やものごとの感想を、コーヒーやお茶を飲みながらボチボチ書いています。

夏目三久さんがサワコの朝で紹介していた曲が気になる。

サワコの朝で、いろいろなゲストさんたちが紹介してくれる<今、心に響く曲>っていい感じだなって感じる曲が多くて、楽しみに見ています。

 

夏目三久さんが、サワコの朝で紹介されていた

<今、心に響く曲>

ハワイアンテイストのwhat`s a wanderful worldがとてもいい感じでした。

ISRAEL KAMAKAWIWO`OLEさんという方の歌だそうです。

 

Wonderful World

Wonderful World

  • Israel Kamakawiwo'ole
  • ワールド
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

 夏目三久さん、この曲を土曜日の朝に聴かれるそうで、一週間の仕事を終えたウイークエンドの朝にリセットできる曲だそうです。

 

いい曲ですね。

癒されます。

ハワイアンだから余計に癒されるのかも。。。

イズラエル・カマカヴィヴォオレさんは、ハワイ出身。

300キロを超える大きな体と美しい歌声が有名なシンガーさんで、若くして亡くなられた今でも世界中で人気のあるシンガーだそうです。(ウィキペディア調べ)

 

ハードな毎日を送られている方には、より心も体も張り詰めている神経をやわらげてもらえるような声と曲ですね。

他の曲も聴いてみたくなります。

 

Alone in Iz World

Alone in Iz World

 
Facing Future

Facing Future

 

 

ハワイに行った気分になれそうですね。

私は、未だ行ったこと無いんですが。。。(苦笑)

 ぜひ、行っってみたいもの。

 

amazonの商品ページにあるCDに入っている曲紹介の所のナンバーをクリックすると試聴することが出来るので、気になる曲をちょっとだけ試せます。

どんな声か?

どんなメロディーか?

がわかって、とても便利ですよ!

 

なんだか、あったかいたっぷりのコーヒーが飲みたくなってきました。

おりしも、今は土曜日の朝。。

最近気にいっている、<ゴールドブレンドのコク深め>でも入れて飲みながら聴いてみたいです。

 

 

ネスカフェ  ゴールドブレンド コク深め 135g

ネスカフェ ゴールドブレンド コク深め 135g

 

 

夏目三久さんって、ショートカットにしてからより素敵になりましたね。

ますますの活躍を期待します!

 

 休日にはウィンタープレイもいいですよ。

 

yossan0328.hatenablog.com

 

 こちらも癒される一曲です。

yossan0328.hatenablog.com

 

インターネットの次に来るもの・第2章を読んで。

家の近くの桜が満開です。
すっかり春も盛りの季節になっているのに、なかなか読書が進まない本が…<インターネットの次に来るもの>
第2章から全く進まずで、時間だけが流れるように過ぎていました!

〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則

〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則

いかん!
なぜだか進まない!
何故に?

理由もよくわからず。。。でいましたが、

フッと気が付きました!

<コグニファイング>という言葉の馴染みのなさ。。。これが1つ。
もう1つが、認知化という言葉が認知症の認知と重なって、頭の中が???となってしまうからではと!

意味は充分わかっているつもりでも、認知という言葉で、どうやら私の思考はフリーズしてしまうようです(苦笑)

そういえば子供の頃も、関数のXとYの意味が受け入れられず、そこで私の数学はフリーズしましたっけ(汗)

<えっ!そこで?>
って、友達にはあきれられますがね。
腑に落ちないと、先に進めない。。。性分のようです。

そんな訳で時間がかかってはいますが、腑に落としつつ読み進めています。

これじゃ、まるでライフワークのようになっちゃってますね(汗)

さて、本題の<コグニファイング>ですが、やっと読み終わりました!

とても一言で言い表せない内容の濃さです。
そして、想像以上に認知化されていく様々なAIにけっこう驚愕します。

インターネット環境のすざましい進化。
それに伴ってAIも、目に見えなくとも同じように…いえ、それ以上にすざまじく進化し続けている現実?
AIの進化していく様々な形。

20年後には、今ある仕事の60%が無くなる。。。なんていう話を聞いたりしていますが、この本によると70%くらいの仕事がAIに取って変わるそうです。
ただ、そうなることで新たな仕事が生まれるので、仕事がなくなるわけではないですね。

第2章を読んで解ったことは、

◎私たちは、もうその流れに乗っている
◎人はAIを使うことが主な仕事になる
◎人とAIとの関係性はエンドレスで続いていく

ということです。

う~ん。。。
なんといったらいいのか?

この流れを認識せずに流されるより、理解して流れに乗っていることが、まずは大切だと感じましたね。
それこそ、認知しておきましょう!

それは、私たちが望む望まないに関係なく、どんどん進んでいる現実です。

今、このブログをスマホで書いていますが、その事自体が、スマホに内蔵されているAIに仕事をさせているということなんでしょうね。
おーっ!。。すでに、その世界にいるのか私!

考えてみれば、スゴいことですね‼

第3章<フローイング>は後日、おいおいで。




愛犬の背中に癒されます。日常

読書がなかなか進まないんですが、そんなときは気分転換にコーヒーを飲んだり、犬の散歩に行ったりと、たまには休みたいなんて思ってしまう散歩が気分転換になってます。

 
ほんとは、読書が気分転換のはずが。。(苦笑)
 
犬の散歩に行くと、最近は愛犬になめられているからか、行く道のりの主導権を握られています。
すると目に写るのは、周りの景色と愛犬のお尻や背中ばかり!

f:id:yossan0328:20170415110634j:image
そんな愛犬の背中ウォッチーと化した最近の毎日ですが、背中には意外に表情が有って面白いです。

f:id:yossan0328:20170415110731j:image
愛犬が何を考えているのか、本当のところは解りませんが、背中越しに見える景色は、愛犬が見ている景色と同じでしょう。

f:id:yossan0328:20170415110812j:image
何が見えてるのかなぁ?
。。。なんて思いながら、一緒に散歩をしています。
 
たまには正面写真も撮らないとね(苦笑)
 
写真一枚撮るのにも、時には視点を変えて回りを見ると、普段とは違う世界が見えるように感じますね。

f:id:yossan0328:20170415111441j:image

f:id:yossan0328:20170415111527j:image
虫の視点になった気持ちで撮ると、ジャガイモの葉っぱや新芽も新鮮です。

 

 

 

 

 そういえば、以前夜中にテレビでやっていた短編アニメの<ミニスキュル>にいやされましたっけ!

言葉にはならない、動物の仕草や表情の説得力に、妙に癒されてましたね。

愛犬の背中の表情も、そんな感じです。

 

今日もまた、散歩の主導権。。。握られちゃうんだろうな(苦笑)

 

 

 

桜の季節の雨

桜が見ごろを迎える、お花見の季節になりましたね。

残念ながら、山間部は今日も雨です。。
 
雨でも暖かいからか、桜は確実に満開に近づいています…
 
あめでも、幻想的でキレイですね!

 
愛犬もお花見か?

f:id:yossan0328:20170408034857j:image
車の中から失礼します。。って感じですが、
桜のキレイさが伝わっているといいな(笑)
 
船明ダムのそばの桜並木は、桜トンネルのようで、この時期は沢山の人で賑わっていてます。
愛犬の散歩には、なかなか近づけない感じなんですが、雨だと静かでした。。。

f:id:yossan0328:20170408034951j:image
誰もいません!
 
マジでか?
 
ちょっと不思議な感じですね。。
 
まだ、ちょっと早かったかな(苦笑)
 
そして、船明ダムは放流中!

f:id:yossan0328:20170408035629j:image
静岡県の西部にある天竜川には、ダムがいくつもあります。
いちばん下流にあるのが、船明(ふなぎら)ダムです。
ふなぎら。。。って読めないですよね(苦笑)
 
ゲートが開いて放流するタイプのダムなので、佐久間ダムや秋葉ダムとは見た目も違います。
 
でも、さすがに迫力はありました。
 
雨があがればこの桜トンネルも見ごろ、きっとにぎやかになるでしょうね!

f:id:yossan0328:20170408040603j:image
出掛ける機会があれば、桜とダムを一緒に楽しむのも良いですよ。
ちなみに、秋葉ダムの桜並木は満開に近いみたいです!
 
船明ダムに着くちょっと手前、152号線沿いにローソンもセブンイレブンもあるので、便利です。
桜トンネルのすぐそばには、トイレのある建物もあるし、意外と穴場かもしれませんよ。
 
気が向いたら、ドライブにでもどうぞ。
 
楽しい日曜日を。。。!
 

原田龍二さんの路線バスの旅が放送されますね。

鉄道旅でなくてすみません‼

 
先日TVで見て面白かった、原田龍二さんの路線バス旅の最新版が今月放送されるそうです。
 
放送日は、
4月25日(火)の夜、BS-TBSです。
行き先は、北陸!
 
ちょうどロケが終わったばかりみたいです。
原田さんの路線バス旅は、今度いつやるんだろう?とググってみたら、アメブロのオフィシャルサイトが載っていて、見てみたら<兼六園>とか<温泉!>となっていました。
 
何件か記事を見てみたら、必ず<Instagramも見てね>ってなっていたので、インスタに力を入れているのかも知れませんね。
 
せっかくなので、のぞいてみました。
写真が本格的な感じで、キレイな写真がたくさん載ってました。
 
写真がが趣味とか?
 
芸能人の人は、多才な人が多いですね。
すごいな!
 
私だって写真ぐらい。。。と言いたいところですが、ダメですね…苦手です(苦笑)
もちっと上手になりたいものです。
 
北陸はずいぶん前に行って以来、中々再訪出来ていません。
富山は行ったことがないので、どんな感じの所か楽しみです。
宇奈月温泉とかがありますね。。。船でしか行けない所とか。。
どんなバスの旅になるんでしょう?
 
ヨーロッパ鉄道旅が終わってしまったので、なんとなくさびしい感じになっていました。
だから、ちょっと楽しみです!
 

おりしも、桜のシーズン!
ちょっと出かけたい気分になりますね。
路線バスの旅を見て、旅行気分を楽しみましょう。。。‼
 

やすらぎの郷というドラマを見て。ドラマ視聴

お昼の15分!
NHKの連ドラではなく、TV朝日で120回以上の連続ドラマの<やすらぎの郷>
今までありそうでなかったドラマの形態!

時代を反映したようなリタイア世代の話です。

それだけでなく、どうやらTVというものの意義を問うているかのように感じる内容です。

ゆっくり、ゆっくりと語られるドラマの背景に、石坂浩二さんがいい味出しています。

主人公がよく行く居酒屋<侘助>
そこのオヤジさんが、小松政夫さん!

豪華な高齢者(こういう言い方は失礼なのかも知れませんが。。)が、ちょこちょこ登場します。
そんな配役も、見ていて楽しいですね。

中島みゆきさんの主題歌も胸に響きます。

やすらぎの郷(上) 第1話~第45話

やすらぎの郷(上) 第1話~第45話

お昼のひととき、なんだか昔ながらのホームドラマの匂いがする懐かしさも感じられるドラマ!
人生の、やるせない切なさを受け止めながら見ています。

いつから、こういう時代になってしまったんでしょうね?
そんなことを、時々考えさせられます。

もう少し、気持ちにゆとりをもって暮らしたいなぁと、ドラマを見ながら思うことしきりです。


こういうドラマの楽しみ方も、いいもんだなぁと。。。

お昼ごはんの後のお茶を、ゆっくりと飲みながら見られますね(笑)

f:id:yossan0328:20170405232931j:image






中国(チャイナ)4.0を読んで。 読書感想

ここのところ、本の整理にいそしんでいます。

片付けても中々減らない本たちを、いったんすべて部屋から出すべく奮闘中。

そんな時は、どうしても片付け中の本に目がいってしまい。。

昨年、アマゾンでついで買いをした本を見つけ、しばし読書にふけってしまいました。

 

その本が「中国(チャイナ)4.0」という新書本。

ということで、久しぶりの読書感想です。 

 

中国4.0 暴発する中華帝国 (文春新書)

 

 

  なんとなく気になって購入しておきながら、半年間も読んでいないとは。。。

まさしく、本の許容量を超えている証拠です。

情けない!

しかし、せっかく気付いたことだしと読み始めました。

 それはそれで、ダメじゃん!かも(苦笑)

 

4.0という数字は、中国の対外政策のバージョンの事で、この本の著者であるルトワック氏という有名な戦略家が定義しているもののようです。

バージョンといえば。。。

MacOS10.5、10.6、10.7‥‥というような、進化していくあれですね。

ウィンドウズ7、8‥‥とか。

 ちょっと違うのかも。。(汗)

 

この本には、中国の対外政策の流れの分析を軸に、国家としての戦略の重要性が説かれています。

2000年代に入ってからの中国の対外政策を

中国(チャイナ)1.0‥‥平和的台頭(2000年~2008年)

中国(チャイナ)2.0‥‥対外強硬路線(2009年~2014年)

中国(チャイナ)3.0‥‥選択的攻撃(2015年~

 そして今後、中国(チャイナ)4.0に移行していくだろうという著者の定義が、順序立ててわかりやすく書かれています。

その政策の分析を中心軸に、それぞれの国家のある時期の戦略によってどうなって行ったのか!

今後、それぞれの国はどういった戦略をたてて、対外政策をはじめとする国策を行っていくのが良いのか!

 

ルトワック氏の考えが興味深いです。

氏いわく、1.0は成功、2.0は失敗、3.0も失敗、4.0に良いだろう戦略はあるもののとれないのではないか。。。といったことが書かれていました。

この、不安定な状況に、日本がどう向き合うと良いのかも、考えが書かれています。

 

ただ、状況は、刻一刻と変化しています。

アメリカもトランプ政権になり、

イギリスのEU離脱も確定し、

それぞれの国々も、国内でのごたごたが以前より大きいように感じます。

なんとなく、世界の情勢がどこも不安定なようで。。。

パワーバランスも不安定に感じます。

 

願わくば、時代をさかのぼったり、不安定な時代に戻ることなく、

(さかのぼるなんて、あり得ないですけどね)

平和で民主的な時代が、これからも築かれていってほしいです。

 

こうして思ったことを、誰もが自由に発言できる世の中。。。

真実を誰もが当たりまえに知ることが出来る世の中。。。

それぞれの価値観が尊重される世の中。。。

笑顔が絶えることのない世の中になっていきますように! 

 

 

 この本を読み終えて、強く強くそう思いました。

 

これからも、そういう世の中になっていくであろうことを信じて、今日も熱いコーヒーをいただきます。

 

本当に久しぶりの読書感想でした。