読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きな本と一杯のコーヒー

増えてしまった本の整理をかねて、好きな本・気になった本やものごとの感想を、コーヒーやお茶を飲みながらボチボチ書いています。

本の整理、その後は?

この一年、本は整理できたのか?

一年前に始めたブログの最初のエントリは「本の整理」でした。

一年たって、本棚の状態はどうなっているでしょうか?

答えは、まだ出来ていません。

 

実際、こんな状態です!

えっ?‥な感じの本棚の状態。

実は今まさに、意を決しての本の整理に取り掛かり中です。

まぁ今更なんですが、思い立った時がその時とばかりに、部屋にある本をまずはすべて部屋の外に出しています。

ちょうどきりがいい一年後。

まだ途中なんですが、本を整理したいとの思いもあってはじめたこのブログ、本の整理の状況も書いておこうかと思い立ちました。

 

透明のケースで揃えて。。。などと探しましたが、けっこうお高いし、本の数も私にするとけっこう多いです。

そこで、100円ショップ・セリアに行き、ふたつきのA4サイズの段ボールケースを見つけ、大量買い!

(20個は私にとってはかなり大量です)

 

種類別に、別場所の棚に積んで、一度部屋の本棚をクリアにしてから、今必要と思われる100冊だけ戻そうかとぼちぼち奮闘中です。

この段ボールボックス、素材がかなりやごくもろい感じです。

本など、めいっぱい入れると底のはめ込みが抜けそうで、運ぶ時怖かったです(汗)

まぁ、100円なんで、贅沢は言えませんね(苦笑)

ふたが付いているだけでも、すぐれものだと思います。

アニマルが柄のほか、木目調、白いタイプなど数種類ありました。

 

種類別に、ちょっと余裕を持たせて、番号を付けて振り分けています。


f:id:yossan0328:20170330131453j:image

以前、スマホに<EiBookshelf>というアプリを入れて、持っている本の本棚をアプリ内に作っていました。

本をバーコードで読み込み、20ある本棚に種類を分けて、振り分けるだけなので楽だなと。。。

それに連動させて、20タイプとバーコードのない本に分ければ、箱に入ってしまっていても見つけやすいかと思いました。

  

書籍管理帳 EiBookshelf

書籍管理帳 EiBookshelf

 

 

このアプリ、広告がちょっと邪魔ですが無料アプリだから仕方ないですね。

そのこと以外は、シンプルで意外と使いやすいです。

 あと、本棚に名前が附けられれば言うことなしぐらい気に入っています。

だいぶ部屋から運び出しましたが、この後の詰めが大事ですね。

また増えてしまわないよう、丁寧に詰めたいと思います。

飽きないように。。。。

 

今日もコーヒーは、スタバのコロンビア!

いい香り!

美味しい!!

たまには自分で、自分好みに豆をひいて、ゆっくりコーヒーをいれるのもいいですね。

なんだか贅沢な気分になります。

いつもは、ほとんどインスタントなのでね。。。。

 

アメリカンが好きな私は粗挽き派ですが、今回はしっかりと挽きました。

たまには、しっかり味わってみようかと。

クッキーでも食べたくなる美味しさでした。

 

さぁ、本の整理にかからねば。。。

 

 

このブログを始めて一年になりました。

おはようございます。

いつも、このブログを見てくださってありがとうございます。
 
初めて見てくださった方には、ご縁があってこのブログに辿り着いてくださったのかなぁと思います。
ブログを読んでくださり、本当にありがとうございます。
 
この<好きな本と一杯のコーヒー>というブログを開設して、昨日の3月28日で丸々一年が経ちました。
 
桜の咲く季節に始めて、また桜の季節を迎える事が出来ました。

f:id:yossan0328:20170329081235j:image
これもひとえに、読んでくださる皆さまの存在があってこそと、感謝の気持ちでいっぱいです。
面倒くさがりで飽き性の私にとって、淡々とでも200近くまで記事を書くことが出来たのも、皆さんの☆やコメント、アスセス数などに励まされたからです。
 
ほんとにありがとうございます。
 
コーヒーやお茶を飲みながら、読んだ本の感想や気になったことをぼちぼちと書いていこうと始めたものの。。。
 
はじめの3ヵ月位は、検索何とかを外すって設定にしてしまっていたので、アスセスが0か1ばっかりでした。
解析の資格を持っているのに、何やってんだか。。まったくダメですね。
おいおいって言われそう。。
まったくそのとおりです。
 (解析の資格を持っていらっしゃる他の方は皆さまとても優秀ですので、あしからず)
 
設定をなおして10件とか20件のアスセスになったときは、ホントに嬉しかったなぁ(笑)
 
初めて☆をいただいたときも、嬉しくてドキドキしました。
はじめて、読者登録をしてもらったときなどは、一日中ハイテンションでしたっけ
(恥ずかしながら。。)
10人の読者登録をしてくださっている方々には、本当に感謝感謝です。
 訪れてくださった方々、みなさまにも感謝感謝です。
ありがとうございます。
 
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。
 
読書感想ではなく、たまたま書いたリュックの記事に関心が集中してビックリしたり、気になった曲の記事に突然アスセスがたくさんあってたまげたり。。。そうかと思うと、読書感想に著者の方からコメントをいただけて、夢み心地だったり。。。
 
関口リュックことコートエシエルの事でこのブログを見てくださった方々、
ウインタープレイの曲でこのブログを見てくださった方々、
シンプルライフ関連の本の記事を見てくださった方々などなど、
記事がお役にたてていればよいのですが、もっと喜んでいただけるような、また見たいなと思っていただけるような記事が書けると良かったなと、反省もしきりです。 
 
ずっと盛り上がっていた(私だけかも)関口リュックの関口さんヨーロッパ鉄道旅も、25日にひとまず終わってしまい、またもとの静かなブログに戻りました。
 
一年の締めくくりと、新しい一年の始まりですね。
 
曲の紹介にiTunesも使えるようになったので、本の感想に加えて気になった曲も、これからぼちぼち載せていこうと思っています。
 
関口リュック関連も、今さらかもしれませんが、よい経験になったので、そのうちちゃんとまとめてみようと思っています。
50代アラフィフのマネマネ車旅はこれからも続きます(苦笑)
 
今日は、先日買ったブルーノ・マーズの曲を聴きながら、スタバのコロンビアを豆からひいて、ゆっくりと味わって飲みたいと、準備中です(笑)
 

 

やっぱり良い曲ですね。 

Just the Way You Are

Just the Way You Are

  • ブルーノ・マーズ
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

もっと、ちゃんとまとめたい! 

yossan0328.hatenablog.com

それでは、みなさま良い一日を。。 

 
 

関口知宏さんヨーロッパ鉄道の旅・総集編を見て。

ヨーロッパ鉄道の旅の総集編が、放送されましたね。

www.nhk.or.jp

NHK鉄道旅の公式ページにある<番組について>の所の一番下部分に、番組で流れているテーマソングについて乗っています。

聴くことも出来ましたよ!

 

さて、「ヨーロッパ鉄道の旅」単なるいち視聴者なんですが、とてもとても感慨深く視聴いたしました。

関口さんがリュックとともに登場した時に、ちょっと嬉しくなるとともに、なんだか泣けそうな気分でした。

なんじゃそれ?

って言われそうですが、私の場合リュックが気になって見はじめたこの鉄道旅。

イタリアの日めくり旅から、毎日毎日いったいこのリュックどういう形なのよ!とキョロキョロしながら見ていたのと同時に、一緒に旅している気分でいました。(おこがましくも。。)

そんなことを思い出して、ジーンとしていました。

きっと、そんな風に色々な思いでこの番組を見ていた人はとても多いと思います。

興味や共感する気持ちの入る混む隙の、たくさんある鉄道旅でしたね。

 

(NHKBSプレミアム・ヨーロッパ鉄道の旅番組より引用)

オランダで乗る、この旅最初の電車だそうです。

 

それにしてもこの関口リュックは、やはり旅の相棒のようでした。

見ていても、傍らにあると安心する感じでした。

 

この旅を一言で言うと「出会い、POUTO=縁」だと。

関口さんと旅で出会った多くの人たちとの出会い、鉄道旅を見ていた多くの人たちと番組との出会い、私もこのリュックを介して鉄道旅番組と出会えましたしね。

そのどれもが、番組で言われていたように、不思議な縁なんでしょうね。

 

出会おうと思っても出会えるものではない‥

不思議な縁を介しての‥

必然という出会い。

 

知っているようで、実は良くわかっていなかった、ヨーロッパの国々とそこに暮らしている人々の事。

旅番組を、ただ楽しく見るだけではない、重く深い部分にまで、飄々と伝えてもらえたからこそ、見るものの気持ちに響く番組だったのだろうと思います。

関口さんだからこそ、伝わるもののある番組だったんですね。

 

見ていた期間の中で、印象に残っているのはベルファストの壁を訪れたイギリス日めくり旅の12日目の部分です。

タクシーの運転手さんが言っていた「私たちの平和はとても壊れやすい。。。」という言葉がとても印象的で、ベルファストのその場所だけでなく、今の世の中の全部に当てはまっているように感じました。

そして、その時に紹介されたイラストが、このヨーロッパ鉄道旅のすべてを表している一枚のように感じました。


f:id:yossan0328:20170326112327j:image

 (NHKBSプレミアムヨーロッパ鉄道の旅・関口さんのイラストより引用)

私は、つい最近まで、身の回りの平和は当たり前のように思っていました。

でも、最近の世の中を見ていると、タクシーの運転手さんの言ったように

<私たちの平和はとても壊れやすい>ものかもしれないと感じています。

 

そういう平和を守るという事は、まず平和であることを自覚することが大切なんだろうと思います。

当たり前のようで、当たり前ではない平和のありがたさを。

 

それは、当たり前のようで当たり前ではない、日常のありがたさのように。 

 

関口さんとトリンドルさんの、とつとつとしたやり取りで振り返った2万キロ130日間の旅を、傍らにあるリュックが見守っているようでした。

 

感慨深く見ながら、また新しい旅に鉄道旅ファンをいざなってほしいなと思いましたね。

 

しばし休んでから、相棒の関口リュックとともに!

 

 

 

[コートエシエル] cote&ciel バックパック cc-27711 GR (グレー)
 

 

 

関口知宏が行くイギリス鉄道の旅

関口知宏が行くイギリス鉄道の旅

 

 紅茶でも飲みながら、眺めたいイラスト集。

早く最新の物が出るといいですね。

 

関口リュックが気になって書いた記事です。

 

yossan0328.hatenablog.com

 

鉄道旅・イギリス編も終わりましたね。

関口知宏さんのヨーロッパ鉄道旅イギリス編も、今日の放送で終わってしまいましたね。

 
 
つい昨日事件のあったウエストミンスターブリッジが、この旅の始まりで終着と言うのが、今の時代を象徴していることになってしまってて、驚きました。
 
イギリス(英国)という国の、成り立ちの複雑さと影響力の大きさを、改めて知らされた気がします。
 
関口さんが描いた風刺画も、痛いところをしっかり突いていましたね。
なにより絵が上手いです!
(日本人とイギリス人の特徴を描いてました)
 
雨で始まり雨で旅を終えたイギリス編。
イギリスらしさが伝わってきました。
ドーバーでの貨物トラックの大きさと多さに驚きましたが。
普段は見ることのない、今のイギリスを垣間見ることが出来た気がしました。
 
ウェールズでのフラッシュモブにも驚きました。ドラマや映画の中ではない、本物のフラッシュモブを見られるとは思ってもいなかったです。
高年齢の落ち着いたフラッシュモブでしたね。
声量が素晴らしくえんじ色のお揃いのセーターからはトラディショナルっぽさ伝わってきました。
ぽさではなく、本物のトラディショナルですね。(失礼しました)
 
イングランド、スコットランド、北アイルランド、ウェールズという4つの、違う国のような地域がまとまっているイギリス(英国)。
 
なんだか、歴史の重みをボディブローのように感じたイギリス編でした。
 
 
明日の、2年間の鉄道旅総集編が楽しみです。
 リュックも、関口さんの相棒として一緒に登場してくれたらいいな。
 
美味しいコーヒーを準備して、ゆっくりと楽しみましょ!
 

 

[コートエシエル] cote&ciel バックパック cc-27711 GR (グレー)
 

 

 
 
 

ブルーノ・マーズのTalking To The Moonが気になる。

今、人気の高橋一生さんと長澤まさみさんが夫婦を演じている、dTVのCMで流れている曲がカッコいいです。

気になって調べてみたら、Bruno Mars(ブルーノ・マーズ)のTalking To The Moon(トーキング・トゥ・ザ・ムーン)という曲でした。

 

音楽にはそれほどこだわりがないため、割と同じような音楽ばかり聴いています。

食わず嫌いならぬ、聴かず嫌いが多くて(苦笑)

だからか、聴いたことのない名曲が世の中にはいっぱありますね。

 

ブルーノ・マーズという名前は聞いたことがありましたが、改めて曲を聞いたことはありませんでした。

ホント、カッコいい。。。

 

Talking To the Moon

Talking To the Moon

  • ブルーノ・マーズ
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

ドゥー・ワップス&フーリガンズ(生産限定スペシャル・プライス盤)

ドゥー・ワップス&フーリガンズ(生産限定スペシャル・プライス盤)

  • アーティスト: ブルーノ・マーズ,シーロー・グリーン,ルーペ・フィアスコ,ダミアン・マーリー,B.o.B
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2011/01/12
  • メディア: CD
  • クリック: 3回
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
 

 

 

曲もいいし、ちょっとかすれた高めの声も魅力的ですね。

長澤さんの宇宙飛行士もカッコいいし、高橋一生さんの淡々とした感じも、いかにもらしくて、ついつい見てしまいます。

無重力の中を漂っている感じと、曲の感じがとてもよく合っているし、高橋さんの地球で待っている旦那さんの生活のイメージともあっていて、映画の予告編でも見ている気分になります。

 

この人、 他にもいい曲が沢山ありますね。

今更ながらですが、気になるブルーノ・マーズです。 

ほんとに今更だね!って言われそう。。

その辺は、大目に見ていただけますよう。

 

When I Was Your Man

When I Was Your Man

  • ブルーノ・マーズ
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
Grenade

Grenade

  • ブルーノ・マーズ
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 いいなと思ったので、載せてみました。

コーヒーを飲みながら聴きたいですね。

 

 

関口さん鉄道旅<英国編2>と<ヨーロッパ鉄道旅総集編>の放送日程

関口知宏さんのヨーロッパ鉄道旅・英国編2の再放送と総集編が放送されますね。

 

ヨーロッパ鉄道の旅・イギリス編第2回

NHKBSプレミアム

2017年3月19日(日曜日) 午後1:00から午後2:29
 

ヨーロッパ鉄道の旅総集編

NHKBSプレミアム

2017年3月25日(土曜日) 午後8:00から午後9:59
英国編2の放送は、前回まだらボケして見逃してしまったこともあり、今回はしっかり録画も準備して望みたいと思います!
※イギリスというとイングランドと同義語的な感じがするため、ここでは英国と書かせていただいています。
 
いよいよ、2年間にわたった関口さん久しぶりのヨーロッパ鉄道旅も、ゴールを迎えるのでしょうか。
 
私の場合は、昨年のイタリア編からの視聴なので、にわかファンが何を!!
と鉄道旅ファンの方に言われてしまうだろう程度なのですが(苦笑)
関口さんが背負っているリュックのおかげで、今の、わりとありのままっぽいヨーロッパの各地を、垣間見られたことが新鮮でした。
 
当初は、リュックしか見てませんでしたけどね(笑)
 
それに、各国の電車が以外とカラフルで、おしゃれな感じがしたり、国の特徴を表しているようにも感じて、その辺も楽しんでいました。
出来れば、そのうち乗ってみたいですね。
特に、イタリアのアドリア海沿岸を走っている電車や、スウェーデンの北極海へ向かう寝台列車には。。。
 
英国編2の日めくり旅も、北アイルランドからウェールズへ入りました。
景色も、空気感も、土地のカラーもずいぶんと違って、そこにいかないとわからないようなお国事情が垣間見えます。
ウェールズは、なんだか昔行ったことのあるニュージーランドみたい!
NZが英国領だったから、似ているんでしょうかね。
羊しかいない景色とか。。(笑)
ちょっと、懐かしさを感じる景色に、この後の日めくり旅が楽しみです。
(前回放送を見逃してしまったもので、日めくり旅で楽しんでます)
 
関口さん、お疲れさまでした!
と思う気持ちと、
もう終りなのかぁ~、さみしい感じが。。
とも思ってしまいます。
 
関口リュックはこの旅の、よい相棒のようでしたね。
インパクトがあるし‥
ちょっと、かわいげのある形だし‥
同じリュックの人がいなかったし‥
(リュック、かぶってませんでしたね)
 
関口リュックで、また別の鉄道旅に出かけていただきたいものです。
出来れば、東南アジアとか、南米とか、シベリア鉄道とかはどうかな?
それとも、思い切ってアフリカあたりはどうでしょうか!
思いきりすぎかな(苦笑)
 
どうやら、旅好きではないらしい関口さんのようですが、だから飄々としたありのままのその土地土地の様子が見られるのかもしれませんね。
 
あともう少しの、鉄道旅の放送を楽しみましょう!
 
 
私も、ときどき関口リュックを持ってマネマネ車旅してます。

せっかくなので、韮山反射炉に行ってみた。

くまのタリーズくん目線で見ると、大きい!です。

(世界遺産なんだし、1回くらいはね)

入場料が1000円だと思っていたら、300円でお得な気分になりました。

近づくと大きいけど、駐車場から見ると以外に小さかった。

 こんな感じでした。
 
ときどきは、こうしてリュックの旅を楽しみたいと思っています。
ただ、ちょっと、近くにいた団体の大学生さんぽい若者たちの視線が(汗)
はははっ。。
アラフィフ50代はそんなことではめげませんよ(笑)
関口リュックが気になって調べた記事がこちらです。

 

yossan0328.hatenablog.com

 

購入したのはこのタイプです。

私が買った時は ¥30000近かったけど。。。早まったか。

いえいえ、楽しんでいます(苦笑)

[コートエシエル] cote&ciel バックパック cc-27711 GR (グレー)
 

 

 Sサイズは、入れる方向が違いますね。

 

今日も、人生という旅の途中。 日常


f:id:yossan0328:20170314171909j:image

久しぶりに、積み上げられた本の整理をしようと格闘中です。

 
それにしても、よくこれだけ沢山の本があるもんだねと自分ながらに呆れています。

f:id:yossan0328:20170314171940j:image

f:id:yossan0328:20170314172008j:image
 
本好きの人は大抵そうでしょうが、本の選別をしだすと、手にした本をついつい読みはじめてしまい、選別が全く進まなくなります(苦笑)
 
なぜだろ~?
 
あっ、この本ここにあったんだ!なんて…
 
やっぱり本が。。
読書が。。
好きなんでしょうね(苦笑)
 
選べないし、整理にならない!
 
今日もご多分に漏れず、ちょこちょこ読みかじっては、手も動きもフリーズ状態です。
 
幸せな困ったちゃん時間です。
 
そんな風に、沢山の本のタイトルを見ていると、持っている本に<旅>という文字が多いことに気づきました。
 
もともと旅好きではありますが、実際の旅ではなく、暮らしの旅とか、読書の旅とか、文明の旅とか。。。
 
特にこの本を読み込んでしまい。。(苦笑)

 

 

 

暮らしを旅する

暮らしを旅する

 

 

 

 

 
そんな本たちを、久しぶりにチラチラと読みかじって思ったことは、
毎日のこの日常が、人生という旅をしているんだということ。
 
そんなことは、いろんな本にかいてあるでしょ!って言われれば、その通りなんですけどね(苦笑)
 
なんだか、
改めて、
しみじみと、
 
私たちは人生というひとつの旅をしているんだなと、思い知らされた気分です。
 
だから、今日の日という今この時は、人生という旅の途中。
 
片付かない本の整理をしながら、、私という<人生の旅>に想いを馳せる、そんな一日になりました。
 
桜の季節は、節目の季節だからか、そんなことをつらつらと。
 
本が片付かないという、人生の旅の一日なのか?
せめて、本が整理されていくという旅の一日にしたいところです。
 
自分の人生の旅に、真摯に向き合い、想いを馳せる…そういう時間こそが、本当は読書の行き着く答えなのかもしれませんね。
 
本の整理をすると、そんな苦々しくも極上の時間が訪れるかもしれませんよ(笑)
 
おっと!
コーヒーを用意するのを忘れていました…
こういうときは、熱いコーヒーを一杯飲みたいものです。
 
。。。が、コーヒーがあるとより進まなくなるのは目に見えているので、暫しガマンか。
 
う~ん
 
よし、
 
やっぱり、飲もう!
 
コーヒーの誘惑には勝てないアラフィフ50代でした。